結婚式、披露宴のおよばれ!ドレスマナー?

12月 4, 15 • 未分類結婚式、披露宴のおよばれ!ドレスマナー? はコメントを受け付けていません。Read More »

どんな色を選ぶべき?

全身白っぽく見える服装はNGです。やっぱり白は当日主役の新婦さんのもの、新婦さんも自分もその日一日嫌な思いをします。白っぽいベージュやシルバーのドレスを着るなら、小物やボレロで色みを調整しましょう。また、黒で統一しすぎてしまうのも、喪服を連想させるので向いていません。写真をたくさん撮ると思うので、お色直しのカラードレスや和服の色味などを事前に教えてもらって、自分のコーディネイトに活かすのもいいかもしれませんね。

全身のスタイルの注意点

結婚式や昼に行われる披露宴では、露出の多すぎる服装は向いていません。ひざ上10cm以上のミニや胸元が大きく開いているもの、肩出しのものなどご親族や会社関係の方がいらっしゃていることを考慮しましょう。ただし、夜の披露宴やカジュアルなパーティスタイルでの結婚式であれば、そこまで厳しくなくてもOKです。デザインを考えるなら、フリルやラメが多いと若いイメージがあるので自分の年令や披露宴の会場の雰囲気にあったものを選ぶといいでしょう。

NGな素材と足元のコーディネイト

お店ではおすすめされがちでも、本当は使用してはいけないのが毛皮や革素材のもの。これは「殺生」をイメージさせたり、食事にファーの毛が落ちて不衛生になることなどが理由で避けられているので注意が必要です。また、足元は生足、カラータイツ、網タイツ、黒タイツはNGです。基本的にはベージュカラーのタイツにヒールのあるパンプスが好まれます。ですが、これも披露宴の時間帯とカジュアルさで少し許される場合もあります。

数多く存在している千葉の結婚式場の中でも特に評判が良い所を選ぶことで、経験豊富なウェディングプランナーから自分たちの希望をもとにした様々な提案を行ってもらうことができ、より充実した内容の結婚式にすることができます。

Comments are closed.