野外活動では害虫に注意!忌避剤使い肌露出減大事

12月 4, 15 • 未分類野外活動では害虫に注意!忌避剤使い肌露出減大事 はコメントを受け付けていません。Read More »

知っておきたい!害虫対策

蚊やダニなどの害虫対策は、忌避剤を上手に使うと同時に、肌の露出を減らすことが大切ですよね。見た目には普通ですが、つばの部分から肩口まで覆う「虫よけネット」が付いている帽子もあるんですよ。夏野菜や花木が成長すると、同時に害虫も増えますよね。毛虫のイラガは刺されると激痛に見舞われ、ムカデにかまれるとアナフィラキシー・ショックの危険もあるんですよ。子どもがうっかり触らないよう日ごろから危険性を教え、殺虫剤や忌避剤でしっかりと対策したいものですね。

スズメバチに気を付けよう!

レジャーでは、スズメバチに気を付けることが必要ですよね。強力な毒を持つ、山を代表する要注意の虫なんですよね。全国では毎年、死者が出ているんですよ。スズメバチを見掛けたら大声を出したり手で払いのけたりせず、静かにその場を離れることが鉄則ですよ。特に子どもはハチが近づくとパニックになりがちですから、山などへ行く際には、保護者が事前に注意をしておきたいですね。また、化粧や香水の匂いはハチを刺激するので、出掛ける前には控えたほうがよいでしょう。

やぶに分け入る際の注意点!

やぶに分け入る際は、特に注意が必要ですよ。マダニだけではなく、ツツガムシも重症化することがある病原体を持っているんですよね。ここでもやはり長袖と長ズボン、手袋と帽子を着用して、肌の露出を減らすことが重要ですね。隙間からの侵入も防ぐため首元をタオルで覆ったり、ズボンの裾を靴下に入れてガムテープでとめたりしても効果的ですよ。一番大切なことは危険を察知することです。ちょっとした注意を心掛け、大いに自然を楽しみたいものですね。

シロアリ駆除の業者の中でも、コスト面の配慮が行き届いていたり、無料相談などのサービスが整えられているところには、多くの顧客からの注目が集まっています。

Comments are closed.